バストアップラボ

バストの仕組みについて

 

 

バストアップに役立つ知識としてここではバストの仕組みについて解説していきたいと思います。主にバストは脂肪・大胸筋・胸郭・乳腺組織から形成されていてバストの約9割は脂肪だといわれています。

 

バストにある大胸筋は胸の重さを支える役割を担っていて大胸筋を鍛えていなかったりして筋肉組織が細いと十分にバストを支える事ができなくなってしまいます。胸垂れや美しい形の胸を保つためには大胸筋はとても大切です。

 

大胸筋はバストアップには大切な土台となるので無理をしないで鍛えるとバストアップに繋がります。ただ大胸筋ばかり鍛えていると胸の脂肪が燃えてしまい逆に小さくなってしまうので栄養の摂れた食事やバストアップマッサージなどを行いながら女性ホルモンの分泌を促しながらバランス良くバストアップしていく事が大切です。

 

次に胸郭ですが日頃姿勢が正しくなかったり猫背だったりすると胸郭が歪みやすくなってしまいます。胸郭は胸の骨格のことをいいますが胸郭が歪んでいるとバストの発育や大胸筋の発達なども妨げてしまう原因となってしまうので日頃から綺麗で正しい姿勢をしておいた方がバストアップには良いです。

 

右と左で胸の大きさが違う場合には姿勢が正しくなかったり体が歪んでいる事も考えられるので日頃から正しい姿勢をしておいた方が良いです。

 

次に乳腺組織ですがバストアップにはとても密接に関わってくると言っても過言ではありません。胸の大きさは乳腺の発達状態で変わってきて乳腺の発達が良くなければ胸が小さくなりがちで乳腺の発達が良ければ胸が大きくなりやすくなります。

 

乳腺を十分に発達させるには女性ホルモンの分泌を活発にして促す事が大切です。乳腺組織は乳汁を作り分泌する大切な場所で乳腺葉で乳汁を作って乳管から乳汁が流れ出てきます。

 

バストは約9割が脂肪と言われていますが胸にある脂肪は乳腺を守る役割を果たしていて胸の大きさを決める大きな要素となっています。胸の脂肪が少ないと胸は小さくなり胸の脂肪が多いと胸は大きくなります。

 

体の脂肪細胞は1歳の頃から増えて行き思春期の頃まで増え続ける言われています。胸にある脂肪は張りや胸の柔らかさにも関わってきて胸の脂肪が少ないと胸に張りがなく垂れ下がってきたりしてしまうので過度なダイエットなどは胸の脂肪を少なくしてしまうので胸を大きくバストアップするには気を付けた方が良いです。

 

 

バストアップラボ関連記事

バストアップと女性ホルモン
日常生活で注意すること
バストアップに良い食べ物
バストアップのツボ

 

 

TOPへ戻る